におい

気になる口臭をケアする方法!体の中から対策するには?

イメージ

歯磨きをしても口臭が気になる。
人と話す時、相手が不快そうな顔をしている。
自分で気づいている場合は、口臭に気づくだけでもストレスになりますよね。
また、自分では気付いていなくても周囲に指摘されて気付く人もいます。
臭いをケアするのは、人と関わるうえでの一つのエチケットとも言えます。
気になる口臭をケアしたい時、どうやって対策すればいいのでしょうか?

口臭が起こる原因とは?

イメージ

口臭は口腔環境と、体内の悪臭物質が呼気(息)と一緒に出てくるものが原因です。
食後に食べかすが残っていたり、喫煙して臭いが付いてしまったりした場合は、その都度歯磨きやマウスウォッシュ等で口腔をキレイにしておきましょう。
口臭は唾液の分泌量が少なくドライマウスの状態になっていると起こりやすくなります。
口が乾きやすいなら適度な水分補給をすることと、食事の際によく噛む習慣を続けて唾液を分泌しやすい状況にするのがおすすめです。
虫歯や歯槽膿漏による臭いもありますので、口腔ケアしても臭いが気になるようでしたら歯科医に相談した方が良いでしょう。
また、消化不良やアルコールの摂取で内臓から臭いが発生することもあります。
内臓に不調がある場合も臭いが出る場合がありますので、口臭だけではなく消化器官にも不調を感じているなら内科で相談してみましょう。

【口臭の防ぎ方】気軽にできる対策は?

イメージ

食事の後やストレスを感じた時など、口臭ケアは普段からちゃんとしておきたいもの。
口腔は食後の歯磨きやマウスウォッシュなどで口臭の原因を取り除くケアをした方が良いでしょう。
ガムやアメは香料や味そのものもそうですが、唾液を分泌しやすくなるという点でドライマウスを防いで口臭をケアしてくれます。
また、臭いケアサプリメントを使うのも一つの方法です。
臭いケアサプリメントには、シャンピニオンエキス、デオアタックなど、臭いをマスキングして気にならなくさせる成分や乳酸菌など腸内環境を改善して内側から口臭をケアする成分が配合されています。
自分では気付いていないが周囲から指摘されたという場合、市販の口臭チェッカーを使い客観的な数値を見てみるといいでしょう。

体の中から口臭を予防しましょう

イメージ

口臭は口腔だけではなく、内臓から臭いが発生している場合もあります。
こまめな歯磨きで清潔に保ち、かつドライマウスを防いだり口臭予防のサプリメントを摂取したりなどして対策するのがいいでしょう。
さらに、自分の口臭が口腔の不衛生、虫歯や歯槽膿漏、消化不良など何が原因なのかわかると、より対策しやすくなります。
口臭の原因を知り、自分に合った口臭対策を見つけてくださいね。