におい

汗っかきでニオイが気になる!対策方法は?

イメージ

汗をかきやすいと、汗対策とニオイ対策が大変ですよね。
汗やニオイが気になってタオルや汗拭きシートが手放せない状態になっている方も多いのでは?
頭やワキ、足などニオイが気になる部分の汗をかきやすいと汗をかく度に臭わないか気になってしまいすよね。
服が濡れてしまったり、女性の場合メイクが落ちたりと厄介な汗は、ちょっとした工夫で抑えることができます。

汗をかくメカニズムとニオイの関係

イメージ

汗は体温調節のためにかくもので、身体には汗を出す汗腺が張り巡らされています。
緊張や興奮した時や、体温が上昇すると熱を放出するために汗をかきます。
汗腺には大まかにエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類あり、ワキに多く分布するアポクリン線から出る汗にはタンパク質などニオイの元となる物質が含まれています。
汗そのものは無臭だと言われていますが、汗が空気に触れて酸化したり雑菌が繁殖したりすることで気になるニオイが発生します。

汗とニオイを防ぐ方法

イメージ

汗の量を制限しニオイの発生も防ぐ方法がいくつかあります。
暑くて汗をかいてしまう場合は、首やワキ、太ももの付け根など、太い血管やリンパ線のある場所を保冷材や冷えたペットボトルで冷やすのがおすすめです。
身体を冷やすことで汗の量を大幅に減らせ、ニオイも防げます。
また、身体の部位を部分的に圧迫することで汗の量を減らすこともできます。
皮膚を押すと『半側発汗』という反応が起こり、押した部位の近くの汗が出にくくなると言われています。
例えば、左側のワキを押すと左半身の汗が出にくくなるというように、圧迫する位置によって反応する部位が異なります。
顔やワキの汗を抑えたければ胸の下あたりを圧迫すると良いようです。
圧迫して汗を抑えるなら、手芸用の太いヒモや包帯など、肌を締め付けすぎない素材のものを選ぶといいでしょう。
このような方法を試すのが難しい場合は、抑汗アイテムを備えておくと安心です。
制汗アイテムには、汗やニオイそのものを事前に抑えるタイプと、汗やニオイが発生した後にケアするものがあります。
肌に塗布するロールオンタイプ、クリームタイプやシートタイプ、スプレータイプなど色々な種類のアイテムがあります。
いくつか試しに使ってみて、使い心地や効果を比較してみると良いでしょう。

制汗アイテムを使って対策を

イメージ

汗やニオイを止めることは難しいですが、ケアをすれば事前に防いだり軽減したりできます。
身体を冷やしたり、汗をかきたくない部分の周りを抑えたりなど、ちょっとした対策で汗やニオイを抑えることができます。
ただ、そういった方法を試しにくい、肌のベタベタ感も解消したい、という場合は制汗アイテムを使うのがおすすめです。