ヘアケア

憧れのふんわりサラサラな髪へ!髪を健康に保つヘアケアとは?

イメージ

私たちの髪はカラーリングやドライヤー、ヘアアイロンの使用でダメージを受けるのは避けられません。
ヘアケアをしているつもりでも、パサパサになったりボリュームが不足したりしてしまいますよね。
パサパサ感の無い、扱いやすいキレイな髪を手に入れるには、髪と頭皮を健康に保つことが大切です。
そのためには、日々コツコツと補修と予防のヘアケアを行うのが適切です。

髪にトラブルが起こりがちな間違ったヘアケアとは?

イメージ

ヘアケアアイテムの選び方も重要です。
毎日使うシャンプーは、汚れが落ちた方がいいというイメージがあると泡立ちがいいものを選びがちです。
シャンプーの洗浄力が強いと、皮脂を取り去る「脱脂力」も強くなります。
皮脂を取りすぎると逆に皮脂が過剰に分泌されてしまい頭皮環境が悪化してしまいます。
また、洗髪後は自然乾燥をさせているといいという意見もありますが、濡れた状態の髪は組織がくずれダメージを受けやすくなっています。
タオルドライとドライヤーで乾かすひと手間を怠らない方がいいでしょう。

豊かな髪のためにヘアケアで気を付けたいこと

イメージ

シャンプー前には汚れを落とし泡立ちをよくするためにぬるめのお湯で予洗いをしましょう。
シャンプーボトルの裏にある成分表示の一番上の方に「ラウリル~」という成分の記載があるアイテムは強力な洗浄成分を使っています。
髪をいたわりたいなら、「ココイル~」などの記載のあるアミノ酸系シャンプーや、保湿力が高い「コカミド~」、「ラウロイル~」の記載のある洗浄成分を使った髪と頭皮に優しいアイテムに切り替えてみるのもいいでしょう。
シャンプー後にトリートメントをする際は、水気をしっかりとって全体になじませ数分放置します。
また、普段のヘアケアで汚れを落としたり補修したりするのはもちろん、これから受けるダメージの予防も大切です。
特に、紫外線は頭皮を老化させめぐりを悪くしたり乾燥させたりします。
帽子や日傘で日差しを防ぐことも健康な髪のためのケアになります。

毎日の適切なヘアケアで豊かな髪を育てましょう

イメージ

ヘアケアは髪表面のケアはもちろん、髪が生えてくる土台となる頭皮環境の改善も必要です。
髪は1ヶ月に1cmずつしか成長しないため、ヘアケアを変えてからすぐには変化を感じられないかもしれません。
毎日のケアを根気よく続けることがサラサラな髪を手に入れる近道なのです。
髪と頭皮に優しいヘアケアアイテムを使い、補修と予防のケアを続けてみましょう。