美容

男もスキンケアをする時代。ムダ毛処理、してますか?

イメージ

 もさもさと生える胸毛は男らしい?すね毛が濃い人は野性的?そんな声は今や昔です。最近ではスキンケアを意識する男性が増えており、TVCMでも男性用スキンケア商品をよく見るようになりました。
 あなたはムダ毛の処理をしていますか?男らしいという言い訳は捨てて、ムダ毛について向き合った方がいいかもしれません。

ムダ毛が濃い人と薄い人の差とは

イメージ

 ムダ毛が濃い人と薄い人の差は、ずばり「男性ホルモン」にあります。一般的に男性ホルモンが活性化すると体毛が濃くなる、と言われています。ムダ毛が濃いと「男らしい」とみなされていたのは、男性ホルモンが多いから、とも言い換えられますね。
 男性ホルモンが活性化する原因は、「遺伝」「肌への刺激が多い」「栄養バランスの偏り」「毛穴の数」など多岐にわたります。他にも例えば、逞しい体を作ろうと筋肉トレーニングをすると、男性ホルモンが活性化し、体毛が濃くなる、加齢によって男性ホルモンが増加し、若い頃よりも体毛が濃くなる…というケースも。
 ちなみに男性ホルモンが濃い人は「薄毛になりやすい」という傾向もあります。これは同じ「毛」でも、頭髪は「女性ホルモンの量」が影響しているから。男性ホルモンの方が多いと「体毛は濃く、頭髪は薄く」、女性ホルモンの方が多いと「体毛は薄く、頭髪は濃く」なる傾向が強いのです。

男性も自宅でムダ毛処理する時代

イメージ

 男性のムダ毛処理の方法と言えば、これまでは本数が少なければ「引っこ抜く」、多い場合は「剃刀で剃る」のが一般的でした。しかし男性用スキンケアが注目される今、従来の方法以外にも「ムダ毛処理専用の脱毛器」「除毛クリーム」「脱毛ワックス」「抑毛ローション」などが登場しています。
 例えば脱毛器は剃刀やクリームなどに比べれば高額ですが、自宅で本格的な脱毛が行えます。剃刀よりも肌へのダメージが少なく、肌を傷つけにくいという魅力もありますね。  除毛クリーム・脱毛ワックスは塗って洗い流すだけでムダ毛が落とせること、価格帯が安いことから、その手軽さが人気。ただし配合されている成分によっては肌荒れを引き起こし、せっかくムダ毛が減ったのに肌が赤らむこともあるので、使用には注意が必要です。
 抑毛ローションは「次に生えてくる毛」を抑える効果のため、ムダ毛が濃い人は効果を感じにくいかもしれません。薄い人であれば抑毛ローションを使うことで、長期間ムダ毛に悩まされずに済むでしょう。ただしこちらも肌荒れを引き起こす危険性があります。

永久脱毛をすれば処理いらず

イメージ

 ムダ毛の印象が悪いとはいえ、毎日・あるいは定期的にケアするのは面倒くさい、という方もいますね。そういう人にオススメなのは永久脱毛です。
メリットは最後まで通えば今後毎日のムダ毛処理に悩まされずに済むこと。デメリットは専門のクリニックに複数回の通院が必要、箇所・回数によって高額になる、施術に伴う痛みなどが挙げられます。
 あまりにもムダ毛が濃く、自宅でのケアでは処理しきれない、どうしてもきれいにしたい…という方は思い切って見るのもひとつかもしれませんね。
 これからは男性もスキンケアをする時代。一度自分のムダ毛に向き合ってみてください。