美容

ベタベタするのに乾燥もする『インナードライ』とは?

イメージ

毎日スキンケアしていても乾燥を感じることってありますよね。また、オイリー肌なのに部分的に乾燥するインナードライ肌に悩んでいる方も多いです。
「乾燥性脂性肌」とも言われるインナードライは肌質がハッキリしないのでスキンケアも難しいと感じるかもしれません。
さっぱりしたスキンケアアイテムを使ったらいいのか、しっかり保湿できるアイテムを使ったらいいのかわからず、「コスメジプシー」になってしまうこともありますよね。
そんな複雑なインナードライ肌の特徴と、おすすめのスキンケアをご紹介します。

オイリー肌なのに乾燥も感じる『インナードライ肌』の特徴とは?

イメージ

Tゾーンがテカってしまったり、ベタベタするテクスチャのスキンケアが合わなかったりすると、オイリー肌・脂性肌だと感じることもあるかもしれません。
インナードライ肌は、肌の表面は脂が出ているのに内側が乾燥している状態のことを指します。
洗顔後に肌がつっぱったり、ファンデーションが浮いてしまったりといったことはありませんか?
インナードライは、肌の内側の水分が少なくなっているため、蒸発を防ぐために皮脂が過剰に分泌されているのです。

インナードライの乾燥対策はどうしたらいい?

イメージ

皮脂が気になると洗顔をたくさんするのがいいと思われがちです。
洗顔をすると、お肌の皮脂が一時的に取れますがその後すぐ皮脂でコーティングされます。
洗顔のしすぎは乾燥を加速させてしまうので頻繁には行わず、クレンジングの時と朝のメイク前程度に抑えておくといいでしょう。
インナードライ肌の方は、過度な刺激を与えたり、皮脂を取り去ったりするようなスキンケアは禁物です。
クレンジングはオイルより刺激の少ないジェル・ミルク・バームタイプ、洗顔料も洗浄力がマイルドなものの方が適しています。
洗顔後に化粧水で水分補給をしたら、美容液、乳液、クリームを時間を空けずに使い、しっかり油膜のフタをしてあげましょう。
スキンケアの仕上げに、保湿力の高いクリームやバームを使うと皮脂の代わりになりベタつきが気になりにくくなります。
化粧品売り場やエステなどで肌の水分量と油分量を計測するのも、適したケアがわかるようになるのでおすすめです。

インナードライに合わせたスキンケアで乾燥対策を

イメージ

インナードライは、見た目の皮脂量にまどわされ、脂を落とすためのスキンケアに力を入れがちです。
皮脂が多く出てしまうのは、実は肌の内部が乾燥しているサインでもあります。
インナードライ対策には、お肌に過度な刺激を与えず保湿を欠かさないことが大切です。
お肌に優しいスキンケアアイテムを使用し、クリームやバームなどの油膜で覆うケアを試してみましょう。