美容

紫外線対策は万全ですか?日焼けが肌に与える悪影響

イメージ

スキンケアはもちろん、日中の紫外線対策も欠かせません。
紫外よる影響はすぐには起きません。しかし、5年、10年経過するとその影響はじわじわ出て来てしまうのです。

紫外線対策をしていないとシミやシワが増える?

イメージ

実は何も紫外線対策をしていないと、シミやシワは…、増えてしまいます。
一体どのようなことが原因で起きているのでしょうか。
紫外線には、たくさん浴びると肌が赤くなるUVBと肌が黒くなるUVAの2種類あります。
UVAはUVBよりも肌の奥まで届くため、シワを引き起こす原因に。長期的に浴び続けると、受けた紫外線を貯蓄してしまいます。
UVBは、紫外線を肌の表面で散乱・吸収してしまうためシミを引き起こす原因になります。海水浴やアウトドアの際に、肌が赤くヒリヒリする日焼けの状態です。こちらは肌に大きなダメージを与えてしまいます。

見た目年齢を加速させる、紫外線による『光老化』とは?

イメージ

皮膚の老化には2種類あります。加齢によって起こる老化と,紫外線により生じる光老化です。実はこの2種類の約80%は光老化によるものなのです。
光老化は、太陽の光を浴びた時間の長さと比例して、シミ・シワが引き起こされる可能性が高いです。つまり、紫外線を長時間浴びると肌の深層部までダメージを受け肌の老化が進みます。
紫外線は目に見えないので、浴びていることに無自覚です。
できるだけ強い紫外線を浴びないように、できる対策をして注意しましょう。

肌のためにもこまめな紫外線対策を

イメージ

特に紫外線が強い日は、できるだけ対策をしましょう
・帽子やサングラスをかける
・UVカットの衣服を身につける
・長袖・長ズボンを身につける
・日の当たる場所を極力避ける
・日焼け止めを塗る
もちろん年中・天気問わず、紫外線は出ています。毎日対策できることとしては日焼け止めが一番有効かと思います。
その際注意いただきたいことは、日焼け止めは汗をかくと落ちてしまい効果がないです。
ですので、SPF30前後のものは特に1~2時間ごとに塗り直しすることをおすすめします。
塗り残しによって、一部分だけ日焼けする場合もあります。首や耳は忘れがちになるので注意しましょう。
一日の中で何時に紫外線量が多く出ているかご存知でしょうか。
[引用]紫外線は午前9時から午後2時に多く降り注ぎます。また、天気によって紫外線の量も異なりますがあまり変わらないのです。
曇りの日でも晴れの日の約80%,雨の日でも約20%の量の紫外線が地上に届いていることに留意しましょう。[/引用] 
出典:日本香粧品学会誌 Vol. 41, No. 3, pp. 244–245 (2017)
時間帯や、天気によっても紫外線は必ず出ていますので、日々、こまめに対策して気をつけたいですね!